腸内環境を乳酸菌の働きを借りて整えようと思います

最近、今年に入ってからですが、大腸癌を患い手術を受けました。
まだ30代ですが、思えば肉中心の食生活でちょっと汚い話ですが食物繊維など野菜も取らずにいたので便秘気味で腸内が荒れていたようです。
幸い、見つかったのが初期と言うことで手術することで乗り切れたのですが、とても辛い経験でした。もう同じことを繰り返さないために腸内環境を整えようと思い立ちました。

そうは言っても急には慣れ親しんだ生活を全部変えるのは辛いもの。
まだ舌は現役ばりばりでジャンクフードも大好き。お肉も食べたい年頃です。
さすがに30代なのでガッツリとっと言うわけでもないけれど毎日、お肉中心の食生活でした。外食が多いとなりやすいですよね。
でも、病気をしたんだから変えなきゃならない。
そのためにまずは簡単に始められることからと青汁とヨーグルトで食物繊維と乳酸菌を取ることに始めました。野菜で取れるビタミンや食物繊維は分かりやすいけど、乳酸菌といっても数あるもの。その人によって相性もあるのでどれが合うのかと言うことから始めました。

乳酸菌はそれこそ沢山数があり、どれも腸内に良く腸内で悪さする悪玉菌を退治して腸内環境を整えて便秘などになりにくい健康な腸にしてくれます。
しかし、特にこれには強いという分類が乳酸菌にもあり、大きく分ければ免疫力効果、花粉症対策、高血圧予防、コレステロール低下などに強い種類があり、最近ではがん予防にも効くとされる菌があるようです。この菌じゃなきゃだめ、と言うわけでもなくより強い特性があるという意味で、どの菌も体や腸にとっては良いものであることはまちがいないのですが目的別でどの菌を摂取するかも選択肢としてあるということです。

私は大腸癌になりましたのでとりあえずBB536株というのを試してみました。
癌によっても最も効くとされる菌が違うのはさすが菌がそれだけ多いためでしょう。
SN13T株というのはピロリ菌予防になるとされたり、LGG株も大腸癌にいいし膀胱癌にはシロタ株などそれこそ様々な言われ方をしています。
一口に言い切れるほど乳酸菌の効果は語りつくせるものじゃないんですが、とりあえずということで手に取ったのがこれでした。

ヨーグルトでも乳酸菌サプリでも言えることですが効果は一日にしてならず。
体が作り変えられるサイクルはその部位によっても違いがありますが、だいたい4ヶ月くらいは目安にあるようです。そんなに待てないと言っても最低一週間は様子見は必要で合うか合わないかはじっくり見たほうが良いようです。
これも自分の実体験が目安ですが、ヨーグルトを取るようになって確実にお通じはよくそれに伴って肌つやも良くなってきたように思えます。
あと嬉しい効果が。お肉中心だとどうしても体臭は臭くなるもの。でも腸内環境を浴するとあら不思議。お通じも良くなれば匂いもしなくなるんです。
これは女性には嬉しい効果ですよね。こういう面でもああ私の腸が良くなってきていると実感できました。腸内がよくなるという事は悪臭の元の悪玉が減ってきてるんだなと素人考えですが確認でき、また前はウサギのウンチみたいだったのが人並みになりました。
便秘で悩んでいた日々ともおさらばです。

もっと早くに改善していればがん予防になったのになと思わないでもないですが、今は大腸癌が増えてきているらしいのでこんな簡単なことで予防できるなら試していきたいです。大腸癌は自分の経験からも言えるんですけど痛みの少ない癌なので早期発見はしにくいです。その意識を持ってないと痛みが出てからだと進行している場合があります。
日本人の食生活が変わってきて、乳酸菌などで予防に努めるほかにも健康診断などで初期に見つける環境と意識を作ることが大事だとなった身で痛感します。
ポリープ段階で癌が見つかれば簡単で日帰りでカメラを見ながら簡単に切除できますが、進行癌までいけばお腹を傷つけての手術です。進行すれば進行するほど体の負担は大きい。そうならない前の予防をしたいなって自分自身実感しました。

今日もヨーグルトを食べて腸内を整えて元気に暮らしたいなと思います。
健康が第一です。病気になって臓器を切除すれば切除した自分の臓器は戻ってきません。
そうならない予防。自分の習慣として身につけたいものです。

札幌で初めての一人暮らし

私が初めて札幌で一人暮らしをしたのは、高校を卒業して専門学校へ進学した時でした。

学校は自分で決めたものの何もかもが初めてで、何から行動すればいいのかも分からず、 そこは全て母の手助けがありました。

一人暮らしを始めるにあたってまずは家探し。

札幌の不動産屋さんに母と行き、学校の近くで家を紹介してもらい何件か見せて頂き 母も一応女の子の一人暮らしと言う事で心配な面があり、オートロックのマンションを選んでくれました。

母とはしょっちゅう札幌にお買い物に来ていたものの、 一人暮らしをする場所は札幌と言っても今まで歩いた事の無い場所ばかり。

一人暮らしを始めてまず開始したのは近所の探検からでした。

まずはスーパーを探して食に困らないように、 あとは日用品が買えるようにホームセンターらしきものを探したり、 本当に初めての場所ばかりだったので私にとっては危険な探検でした。

陽が落ちない明るいうちに探検を開始したはずなのに気がつくとちょっと薄暗くなっていて、 初めての探検の日の帰り道家に帰る道が分からなくなり、ちょっとした迷子になった思い出があります。

一人暮らしなので誰にも連絡もできず、ちょっと焦ってしまいました。

そのうち学校も始まり毎日通っているうちに近所にも慣れ、 札幌での一人暮らしを満喫できるようになりました。

高校を卒業して札幌に出たお友達も沢山いたので、 時々高校時代のお友達と集まって遊ぶこともありました。

みんながみんな札幌での一人暮らしが初めてで同じ出発点でしたが、 学校へ進学する子、札幌で就職する子、それぞれが色々な道を歩んでいました。

そんな中、高校は違ったのですが中学が同じだった仲良しの子が私の家の近所に住んでいる事が発覚。

その子は一人暮らしではなく兄弟で札幌に住んでいました。

本当に仲良しだったので私の家でご飯を食べようという話になり、 一緒にお買い物へ行き二人でご飯を作りました。

一人暮らしでつい簡単な食事で済ませること多かったため、 しっかりとした食事をする事が懐かしく、やはり食事をするのは誰かが一緒がいいなと実感した瞬間でした。

昔からのお友達も近所にいて、学校では札幌のお友達もいて、 私の初めての札幌での一人暮らしはとても楽しいものになりました。

就職で、仙台での一人暮らし

私は5年前、社会人になるにあたり、 東北の仙台で就職することになり、ずっと実家で生活していたのですが、 初めて一人暮らしをすることになりました。

初めての会社勤め、慣れない一人暮らしに、 挫けそうになることも多かったですが、 生活をしてみて「仙台」という土地はとても住みやすいということが分かりました。

まず、借りたアパートの大家さんが優しい。

ご挨拶の際に「初めての一人暮らしなんです」と説明すると、 とても優しくいつも気にかけてくれるようになりました。

これは仙台の人の気質なのかもしれません。

仙台にはいろいろなスーパーも多いですし、 ドラッグストアも多く、何かとお金がかかる一人暮らしには助かることだらけです。

いつも食料品や生活用品は2軒くらいお店をハシゴして安いところを探しています。

そして何より、仙台は食べ物がおいしいです。

特に魚や野菜、お米がおいしいです。

一人暮らしだとあまり自炊はしないかなぁと思っていたのですが、 新鮮な魚や野菜が売られているのを見ると、 つい買わずにはいられず、必然的に自炊する機会も増えました。

交通の便も便利です。私の実家は埼玉県大宮市なのですが、 仙台は東北新幹線が通っており、大宮や東京まで乗り換えなしで行けます。

初めての一人暮らしでホームシックになるかな、 と心配だったのですが、新幹線ですぐに実家に帰ることができるのであまり寂しさは感じません。

逆に実家の母が仙台に遊びにくることもあり、 その時は名物の牛タン焼きを一緒に食べます。

会社の同期も遠くの実家から一人暮らしを始めた人が多く、 会社帰りには居酒屋で「一人暮らし談義」をします。

盛り上がるのが「一人暮らしあるある」で、 「シャンプーや洗顔フォームや歯磨き粉などの生活用品や、 醤油やみりん・味噌などの調味料は無くなるタイミングが重なる」や、 「誰もいないのにただいまと言ったり、独り言が多くなる」「無性に猫が飼いたくなる」など、 お酒を飲みながら語っています。

初めはどうなることかと不安でしたが、今では仙台での暮らしが気に入っています。

長野で経験した一人暮らしは人の優しさを教えてくれました

私は以前、長野の県営団地で15年ほど、一人暮らしをしていました。

結婚して、入居したのですが、7年ほどで離婚をし、 そこでそのまま一人暮らしをすることになったのです。

既に7年も住んでいたので、その頃にはご近所のお付き合いがありました。

周りの方は、皆、同じ世代で、よくお家を行き来していました。

私が、一人暮らしを始めてからも、誰かどうか私の様子を見に来てくれたり、 ご飯のおかずにと惣菜をおすそ分けしてくれたりと、とてもお世話になりました。

車のバッテリーがあがってしまったり、カギを忘れてお家に入れなかったりなど 一人暮らしを始めてトラブルもいろいろありましたが、そんな時はいつも周りのご近所さんが 一声で駆けつけ助けてくれました。

本当に田舎である長野ならではの近所付き合いでした。

「遠くの親せきより近くの他人」という言葉がありますが、人の温かさを知り、 長野で一人暮らしを経験出来て良かったなと思っています。

ただ、やはり一人暮らしでも不便な点はありました。

長野県は地域ぐるみのお付き合いが多いところです。

町内会はもちろん、近所同士のくくりが決められており、5年に一回は役員が回ってきました。

一人暮らしの私は、平日の日中は仕事をしているので、どうしてもお休みの日に参加する 役員しかできなかったので、行事があるとお休みも潰れてしまいました。

古い県営住宅だったので、人もだんだん減っていき、仲の良かったご近所の方も どんどん新居を構えて退去していきました。

また、長野の冬は厳しく雪もたくさん積もります。

ご近所どおしで協力しあって雪かきをしますが、周りはお年寄りも多かったことから、 どうしても若手の自分が出ていき雪をかかなければなりませんでした。

ただ、やはり長野は都会に比べたら治安が良いです。

通勤や買い物にしても、長野はほとんど車での移動になりますので、 女性の一人暮らしはしやすいと思います。

長野での一人暮らしは、人間として私に大切なことを教えてくれた時間だったと思います。

一人暮らしを初めてしたのが奈良でした

私は現在奈良で一人暮らしをしています。

一人暮らし自体も奈良で住み始めたのも今回が初めてでした。

私が一人暮らしを始めたのは会社に就職したことがきっかけでした。

実家は兵庫の結構端の方だったのですが、就職したのが大阪だったのです。

しかし、会社はどちらかというと大阪でも奈良県寄りだったので、 住む場所も最初は大阪市内とかにしようかと思っていたのですが、 家賃が凄く高くて狭い場所しか住めなさそうだったのです。

最初の一人暮らしだからといって1Rとか1Kはどうしても納得いかないし、 ましてお風呂とトイレが一緒のユニットバスはもっと嫌でした。

会社の先輩で一人暮らしをしている人がいるのですが、 その先輩がとてもユニットバスの部屋はやめといた方がいいとすごく力説してくれたので、 セパレートになっている部屋を探していました。

でも大阪だと自分の給料ではキツキツになりそうだったので 通うのも不便ではない奈良で探すことにしました。

通勤も電車1本で30分ほどだし、 通えないほどではないと思ったので奈良で初の一人暮らしをすることを決めました。

奈良だからもっと田舎くさい物件しかないかと思ったのですが、それは奈良に失礼な想像でした。

しっかりと一人暮らし用でも綺麗なお部屋がいっぱいあって悩んでしまうくらいでした。

更に、やはり奈良ということでお家賃が凄くリーズナブルで、 大阪で同じ大きさの部屋と比べて3分の2ほどや半分ほどの部屋もありました。

奈良というと田舎で綺麗なマンションとかないと思っていたら大間違いで、 大阪の主要都市にも負けないほどの大きくて閑静なマンションが沢山ありました。

一人暮らしをする人は結構いるようで不動産屋さんは 学生さんもよく相手にしていていい物件を沢山一緒に見せてくれました。

治安も良いし、周りも百貨店があり、 駅も近くファーストフード店もありで少し離れたところにスーパーもありで 生活するのに不便さを感じことは今まで一度もありません。

埼玉県の西川口での一人暮らし

埼玉県川口市の西川口で一人暮らしをした経験があります。

西川口は、駅の周辺の繁華街も隣の川口駅程は開けておらず、 高層ビルもなくこじんまりした街並みです。

しかし、一人暮らしの人にとって生活利便性が高く、十分に暮らしやすい街と言えます。

まず、西川口は埼玉でも東京に近い場所にあるので、都心部への通勤やレジャーにも便利です。

そして、一人暮らしに最適なワンルームや1DKクラスのマンションが多数あるので、物件探しも容易です。

家賃も都内に比べれば低目です。

西川口の買い物の利便性ですが、コンビニが多数あり、 駅の周辺には複数のスーパーマーケットがあるので、食料品や日用品の買い物には全く不自由しません。

駅からは少し遠いですが、大型のショッピングモールもあります。

また一人暮らしの場合、外食が多くなる傾向があると思いますが、 ファミレスや飲食チェーン店をはじめ、 個人経営の飲食店もそこそこあるので、外食派の人でも不満なく暮らせる筈です。

西川口は場所柄か、高級な料亭などは殆どなく、 庶民的な価格の店が多いのも、特に若い世代の一人暮らしには有難いところでしょう。

娯楽の点では、ビデオレンタル店やカラオケ店、 パチンコ店などがあるので、そうしたレジャーが嫌いでなければ、 一人暮らしの寂しさを紛らわせる事が出来ます。

公園は児童公園は多数ありますが、大人が楽しめる都市公園となると、 駅からは大分遠い場所になります。

あと、美術館や劇場などの文化施設は残念ながら無く、 電車を利用して他の都市まで出掛ける必要があります。

それ以外では、特に一人暮らしの女性は治安が気になると思いますが、 かつて風俗産業のメッカだった西川口も今はその面影は少なくなっているので、 それ程不安視しなくても大丈夫かと思います。

総合的に見て、西川口は一人暮らしの人に向いている街と言えます。